by Hirota Yuya

2020年 新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。

今年は2020年、スポーツタイムマシンが2013年にできてから7年目となりました。そして同じく2013年の9月に開催が決定した東京オリンピックの開催年でもあります。スポーツイヤーとなる今年、スポーツタイムマシンの活躍も大いに期待されます。

実は現時点で2箇所ほどからスポーツタイムマシン展示のご相談をいただいています。数年来の復活がますます楽しみです。



ご挨拶が送れましたが、私はスポーツタイムマシン保存会(青年部)の廣田祐也です。初めてこのブログ寄稿します。

私は小学5年生の時にスポーツタイムマシンと出会い、スポーツ分野のみならず、その後の人生に大きな影響を受けました。7年前に友達に誘われ遊び始めたスポーツタイムマシンが今もなお、大きなターニングポイントとして関わっていると考えると、とても感慨深いです。

7年前の私が映っているビデオです。(撮影・編集:犬飼博士氏)



今、当時の映像を改めて見てみると、とても恥ずかしいというのが素直な感想です(笑)。

初めは先に書いたようにひょんな出会いでしたが、次第に熱中し、プレイヤーからデベロッパー(つくる人)も経験し、最後には保存会に入って、またスポーツタイムマシンで遊べるようにと……。

懐かしいです。



本作と同じくらいに大切な出会いとなったのが制作者の犬飼博士氏です。

私は2013年以降も犬飼氏の活動に参加し、本作のesportsやメディアアートの分野だけでなく、近年はスポーツ共創(新しいスポーツを共につくること)の分野に深く関わっています。

スポーツ共創は、本作が誕生するきっかけとなったYCAM(山口情報芸術センター)で行われた「スポーツハッカソン&未来の山口の運動会」イベントで初めて体験し、昨年は自身の高校でスポーツ共創を取り入れた文化祭企画をしたり、スポーツ共創を行うプロデューサーになるための勉強会に参加したりもしました。

それ以外にも犬飼氏から多くのことを学んでいます。


「スポーツを記録して未来に残す」というメディアアートや機械としてのスポーツタイムマシンが、人と人との繋がりを育むという一面も自身の人生から感じ取れる気がしています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


by Hakase Inukai

八丈島の人たちがスポーツタイムマシンを検討しはじめました。

ご無沙汰しております。
そしてあけましておめでとうございます。
2018年がやってきました。
最近 未来の運動会のことばかりやっていますが
スポーツタイムマシンも、がっつり営業中です。

2017年12月9日
八丈島にいってきました。

八丈島熱中小学校という廃校を利用した、大人向けの学校の企画がありまして
そこに呼んでいただいて1時間講義をさせていただきました。

スポーツタイムマシンのことも紹介をさせていただいたら
「今の八丈島にはこれが必要なのかもしれない・・・」とおっしゃっていただける方が
現れました。

地域おこし協力隊として八丈島に住んでいらっしゃる
今井 修之さんです。

役場の佐治さんともじっくり話されて、リサーチ、検討し企画を書いてみようとなりました。


そして年明けて、1月5日 佐治さんと今井さんが品川にきてくました!

安藤さんや、NYからコンテナにスポーツタイムマシンをいれようと企画している重松さんも合流して

どんなことをやったらみんな喜んでくれるのか?
なぜスポーツタイムマシンをやるのか?
八丈島や日本、その後の世界にどんな影響が出てきそうなのか?
いろんなことを話しました。

山口の初めのときのような感じがします。

今井さんを中心に2020年に向けてTOKYO TOKYO FASTIVALという
東京オリンピック期間中、東京を文化面で盛り上げるという沢山のお祭りの
企画を東京都が募集していますので、そこに応募してみようとおもいます。



八丈島できょんとはしりたいなー!

あたりまえだけど魚がうまいんだよなー



by Hakase Inukai

そとでスポーツタイムマシン

こんにちは。犬飼です。



今日は2017年4月26日です。
このブログを始めてから約4年がたちました。

「スポーツタイムマシンをやりませんか?」という問い合わせをいただきます。

野外で行いたいというリクエストが大半です。

過去野外で行ったことがありますが遮光のテントをつくりました。

いまのスポーツタイムマシンは、センサーの特性で屋内でしかできません。遮光された屋内でやるしかないのです。

今日は、久々に
みかげさん、福田くん、安藤さん、犬飼で
オンライン会議をしました。
なんとか遮光せず遠くからでも見えるように外でできないかという検討です。



いくつか方法が
考えられるのです。

赤外線カットフィルタでテントをつくる実験をすることにしました。

センサーに反応する周波数のひかりだけを切って、可視光は通すというものです。

5/13に埼玉のエウレカコンピューターで行うので、遊びに来たい人はぜひきてくださいね。

天気悪いと中止かもです。





-- iPhoneから書きました。